あなたがカルチャーセンターを選ぶポイントは何ですか?

30人の方にアンケートを実施しました!一部のアンケート結果を公開します。

駅から近い

・学習を継続するためには、駅から近く、利便性が高いことが必要であると考えられるからです。通うのに時間がかかるようでは、その通学の為の時間が障壁となり継続して通い続けることが難しくなってしまうように思います。(36歳男性)

・駅から近いことは、車を使わずとも公共機関などを利用することが出来だけでなく、仕事帰りや買い物ついでに参加可能だからです。
また、立地条件良いところにあることで、多くの参加者が見込め、さまざまなコミュニケーションを築くことが出来ると思います。(34歳男性)

・忙しい日常の中でカルチャーセンターに行くとき、有効に時間を使いたいから。仕事に行った帰りや、どこかへ出かけたついでに立ち寄れるように、駅の近くにあった方が通いたいと思うからです。(25歳女性)

月謝が安い

・月謝が安いとアンケートではつけましたが、安すぎても講師や講座に対して不安なので、他の施設と比べて少し安いくらいが一番いいですね。
講座に見合ったくらいの金額より少し安いくらいが一番安心できて、安く出来ていいですね。(21歳男性)

・今後の人生設計を考える上でより多くの知識を得たい、また転職する際の選択肢や人と繋がる上での共通の趣味や人脈作りに役立つ可能背があるからです。月謝が安く設定されているカルチャースクールが多いですが、より多くのスクールに参加することを考えると、高い月謝のスクールより安い月謝のほうがメリットが大きいためです。(36歳女性)

・カルチャースクールに求めるものはいくつかありますが、やはり月謝があまりにも高すぎる場合は通う候補にすらあがりません。安くかつ有意義なものにぜひ通いたいと思います。(25歳女性)

・カルチャーセンターという名から、月謝は安いイメージがある。そのイメージ通りじゃないと、選ばないし、行く気がしない。月謝は毎月払うものだから、安いに越したことはない。月謝が安いのは一番の魅力。(39歳女性)

・月謝が高いと長く続かないと思います。どうせ始めるなら、長く続く生き甲斐のようなものをやってみたいです。今の自分のおこづかいの範囲内の金額でないと、無理が出てしまうので、なるべく月謝が安いところがいいです。(51歳女性)

・カルチャーセンターは主婦の贅沢だと思うので、家計に負担がなく続けられることが一番であり、忙しい日々の息抜きやストレス解消として、罪悪感なく通える金額(月3~5000円程度)がよい。(43歳女性)

・自分が学びたい、身につけたい、と考えている事に対して持っている価値観に釣り合う費用であるかどうかが重要。内容に対する納得感が高ければ、月謝は「安い」と感じる事ができるはずである。(48歳男性)

・保険料や教育費の占める割合が大きい家計の中で、カルチャーに充てられる余裕資金には限りがあります。将来にわたって、実益につながらないカルチャーはできるだけ低予算に抑えて、少ない年金を補うための蓄えを増やしたいものです。(58歳女性)

・金銭的にも無理なく通えて、お遊び程度から始められる気軽さがある。本格的にやりたいものがあれば、ランクアップしたスクールも検討すれば良い。ステップアップも踏まえて、ハードルも低く、気負いもせず、また、友達を誘っての参加などもできるメリットがある。地元にも根ざしており、通いやすく、アットホームな雰囲気で新たな交友関係形成も期待できる。(30歳女性)

・月謝が高いと支払いが大変になって長く通い続けることが難しくなってしまいますが、月謝が安い場合には、無理せず支払いを行うことができ、長期間安心して通い続けることができるからです。(31歳男性)

先生が有名

・月謝が安かったり駅が近いからというだけで判断した場合、内容が伴わなければ安価・利便性というメリットは全く意味がないと思うので、著名な先生や評判の良い先生がいるセンターを選びます。(47歳男性)

・カルチャースクールは自分の趣味の幅や価値観、人生の幅を広げるために通うものだと考えています。そのためには一流の人から学ぶことが肝心だと思っています。よって、先生が有名であるかどうかが決め手となります。(30歳男性)

雰囲気が良いから

・生涯学習は、生涯を通して自発的に学ぶことであるため、雰囲気の良いところを優先します。なぜなら、学習するに当たって不愉快な思いをしてストレスを溜めることは学習の大きな障害になるからです。逆に、雰囲気が良いところであればリラックスして楽しめますので、ストレスなく学習していけます。生涯を通して学ぶわけですから、雰囲気が良いというのはとても大切なことです。また、雰囲気の良いところであれば、親しくお付き合いできる生涯の友も得る可能性が高いからです。(32歳男性)

・長く続けていくにはやはり人間関係が重要ですから、雰囲気が良い環境のほうがやりやすいと思います。また、集中して取り組めますし、結果的にお金を払ってでも通う価値があると思えるようになります。(38歳男性)

・自分の知識習得のために、お金を払って楽しい気分を味わいながら、何かを学習しようとしているのに場違いな人や仕切りたがる人が居る場合は気分を壊して続かなくなる可能性が高いからです。(51歳男性)

・金額や距離、講師が良くても、やはり全体の雰囲気が悪ければ通いにくいし通っていてもつまらないと思うので。センターの建物や周辺といった物理的環境はもちろん、教室内の人の環境も重要。あまりギスギスしていたら嫌なので。(36歳女性)

・やはり、どんなに習いたいことがあったとしても、定期的に通うことになると、まずは通う施設の雰囲気が良くないと、モチベーションを保って学習を続けることが難しくなり、段々やる気がなくなってきてしまいそうだからです。(26歳女性)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク